Home >> 会社案内 >> 沿革・歴史

会社案内

沿革・歴史

沿革

1955年10月 当社創業者荒巻芳太郎は、川崎市上丸子山王町に山王鍍金工業所を創業、弱電機部品の銀めっき専用工場として個人営業を開始する。
1956年 従来非常に不安定な光沢銀めっきの均一光沢厚付け方法等の研究が完成、本格的に量産操業する。
1958年8月 有限会社山王鍍金工業所設立。
1958年 業界注目のプリント配線基板、その他につき金、ロジュ-ムめっきの特殊めっき装置を考案し、脚光を浴びる。
1959年3月 工場増築、電気部品の金めっきを開始、多層めっき、部分厚付けめっき等の研究が完成、本格的に量産操業する。
1967年1月 横浜市港北区綱島東5丁目8番8号に新工場を建設移転。
1969年4月 山王鍍金株式会社に組織変更。
1969年12月 神奈川県優良診断企業として県知事表彰を受ける。
1970年6月 3階建工場を増築、研究開発部門及び厚生施設の充実をはかる。
1970年10月 銀めっきの防衛庁設備検定に合格。
1971年3月 金めっき、ニッケルめっきの防衛庁設備検定に合格。
1971年11月 神奈川県優良工場として県知事表彰を受ける。
1972年3月 神奈川県労務管理優良事業所として県知事表彰を受ける。
1973年9月 神奈川県標準工場として県知事指定を受ける。
1974年5月 神奈川税務署長より申告納税成績優良につき表敬を受ける。
1978年4月 特殊めっき装置開発により科学技術庁長官賞を受ける。
1978年5月 研究棟を新築。排水のリサイクリング設備完成。
1979年4月 特殊フープめっき装置開発完成。
1980年3月 モデル工場に関し、中小企業庁長官より感謝状を受ける。
1981年1月 (社)中小企業研究センター賞(地区表彰)を受ける。
1982年9月 福島県郡山市の郡山中央工業団地に郡山工場完成。
1985年9月 神奈川県伊勢原市の伊勢原工業団地に鈴川工場完成。
1987年11月 パラジウムフープめっき開発、量産開始。
1988年3月 神奈川県秦野市の曽屋原工業団地に秦野工場完成。
1988年4月 株式会社 山王に社名変更。
1991年2月 代表取締役社長に荒巻芳幸就任。
1995年10月 フィリピンにSPMC設立。
1996年3月 本社ビル完成。
1998年7月 本社・郡山工場、ISO9002認証取得。
1999年8月 鈴川工場、ISO9002認証取得。
2000年1月 SPMC、ISO9002認証取得。
2000年12月 11,000株の増資をおこない、資本金23,900万円に変更。
2002年10月 中華人民共和国に工場建設計画のためのプロジェクト室を開設。
2003年3月 SPMC、ISO9001認証取得。
2003年5月 中華人民共和国に山王電子(無錫)有限公司設立。
2003年10月 本社・鈴川工場、ISO9001認証取得。
2003年12月 本社・横浜工場・鈴川工場・秦野工場、ISO14001認証取得。
2004年10月 秦野工場、ISO9001認証取得。
2005年4月 福島県郡山市の西部第二工業団地に東北工場完成。
2005年4月 17,000株の増資を行い、資本金46,000万円に変更。
2005年5月 山王電子、ISO9001、ISO14001認証取得。
2005年7月 横浜工場、ISO9001認証取得。
2005年9月 SPMC、ISO14001認証取得。
2005年10月 東北工場、ISO9001認証取得。
2006年5月 東北工場、ISO14001認証取得。
2007年3月 郡山工場を東北工場へ統合。
2007年4月 福島県郡山市の西部第二工業団地に東北第二工場完成。
2007年10月 ジャスダック証券取引所へ上場。
2010年2月 山王電子(無錫)有限公司で超微細加工のスポットめっきを開始。
2010年10月 甲山文成が代表取締役社長に就任。
2010年11月 財団法人神奈川トラストみどり財団より、緑化推進活動への貢献により表彰を受ける。
2011年6月 東北工場で超微細加工のスポットめっきを開始。
2012年3月 SPMCで超微細加工のスポットめっきを開始。
2015年10月 鈴木啓治が代表取締役社長に就任。
2019年1月 東北工場・鈴川工場・秦野工場、IATF16949認証取得。
2019年4月 三浦尚が代表取締役社長に就任。
2020年7月 山王電子(無錫)有限公司の持分譲渡契約締結。
2020年8月 東北工場を東北事業部に、秦野工場を秦野プレス技術センターに組織変更。
  • ご挨拶
  • 企業理念
  • 会社概要
  • 沿革・歴史
  • 事業所一覧

ページの先頭に戻る

| サイトマップ | FAQ | お問い合わせ |

English

文字サイズ