Home >> CSR・環境への取り組み >> コンプライアンスについて

CSR・環境への取り組み

コンプライアンスについて

「コンプライアンス」はしばしば「法令遵守」と表されますが、単に法令を守っていればよいということではありません。コンプライアンスの元となったComplyという言葉は「人の期待、願い、要望に応える」という意味です。つまり、コンプライアンスとは当社をとりまくすべての人々(顧客、取引先、株主、役員、従業員、地域の人々等)の期待に応えるというのが本来の意味なのです。
当社では「コンプライアンス」を法令、社内の規程、規則や社会ルール、社会良識等の社会規範に従うことはもちろんのこと、社会の公器たるべき企業としての当社及び当社で働くすべての人々の存在、行動が社会の倫理や価値観と整合していることと定義づけます。
単に法令に抵触しなければよいということではなく、最終的には私たちが、「それは自分自身の良心に照らして恥ずべきことであるかないか」を基準に考え、行動する事で、企業倫理の確立と実践を図っていく。こうしたコンプライアンス経営の推進により、企業価値の向上を図っていこうと考えています。

私たちの目指すところは、ただ1つです。

「コンプライアンス」の意味するところを十分に理解、実践し、当社をとりまくすべての人々(顧客、取引先、株主、役員、従業員、地域の人々等)の期待に応えていく

山王グループで働く全員が心をひとつにして、コンプライアンス経営の実現を目指します。

当社では、管理担当役員をコンプライアンス担当役員に任命し、管理本部にコンプライアンス推進事務局を設置しています。また、各部門長をコンプライアンス推進の部門別リーダーとし、各部、各工場の管理課内に部門事務局を設置し、コンプライアンス担当役員、管理本部内コンプライアンス推進事務局との連携を図ることで、全社的コンプライアンスの推進を図っています。

コンプライアンス運用指針(抜粋)

人権の尊重

人権を尊重し、差別につながる行為をしない、させない、許さない。

環境保全

地球環境の保全に十分配慮しなければならない。

当社の紛争鉱物への対応

当社は人道的な観点から、コンゴ民主共和国及びその周辺諸国で非人道的行為に関わる紛争鉱物の原材料としての使用を禁止する。
また、新たに紛争鉱物の使用を発見した場合は、調達を速やかに停止または変更する。

ステークホルダーに対する会社情報の適切な開示

有用で信頼性のある会社情報をタイムリーかつ継続的に開示する。

反社会的勢力及び団体との関係排除

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対しては、断固として対決するとともに、一切の関係を排除する。

適正な企業会計の実施

会計に関する法令・基準を遵守し、適性かつ透明な会計処理及び会計報告を行わなければならない。

内部通報制度・相談窓口(コンプライアンス・ホットライン)

当社では、当社グループで働く全員が法令等の違反行為を発見した場合の対応として、コンプライアンス事務局(管理本部内)及び顧問弁護士へ直接、相談・通報する「コンプライアンス・ホットライン」を運用しています。また、通報者に不利益のないよう規程で定めています。

  • コンプライアンスについて
  • 地域交流
    • 地域交流
    • 行動計画
  • 環境対策
    • 基本方針・ISO取得状況
    • 環境への取り組み

ページの先頭に戻る

| サイトマップ | FAQ | お問い合わせ |

English

文字サイズ